top image

Japanese Society of Hospice and Home-care

日本ホスピス・在宅ケア研究会
全国大会 in 熊本

ハイブリッド大会
2021.10.16(土)~17(日) 15日:教育講演

本大会は無事に終了いたしました。
多数のご参加、誠にありがとうございました。

尚、2021年11月から2022年3月末まで
下記リンク先にて見逃し配信の視聴が可能となっております。
お申し込みは、熊本大会実行委員会へメールでご連絡ください。

プログラム一覧

大会テーマ

ありがとうって伝えたくて

熊本地震災害の時
熊本南部豪雨災害の時
東日本大震災の時
阪神淡路大震災の時

あれから何年経ったでしょう。
ずっとあなたに、会いたかった...。

castle image
castle image

あなたが来てくれてよかった。
あなたが支えてくれたこと。

  • theme image
  • theme image
  • theme image

熊本地震から5年、東日本大震災から10年の年
日本ホスピス・在宅ケア研究会は、被災者支援から始まっているのです。

今年は一緒に、日ホスの歴史も振り返ります。
私たちは、何を目指してきたのか?私達らしい、ささえ愛の大会に。

1

東日本大震災から10年目、熊本地震から5年目、豪雨災害から1年となる節目の年、あの時、感じた不安や恐怖、それを和らげて支えてくれる人のぬくもり。
全国から様々な支援を受けて、今私たちは真の復興へ向かっている。真の復興とは何か?建物の復興・経済の復興・心の復興...。そして私達は、この体験を未来につなぐ使命を伝授された。様々な被災地をつなぐネットワークの重要性を一緒に考えていきたい

2

病気や災害で命を落とす人たち、それを支える様々なライフサポートの輪。家族や仲間、医療介護の従事者など、様々な人がつながり、生と死を考えることの重要性を語り継いでいこう。

3

認知症や神経難病などの疾患を理解し、本人たちの言葉を届けていこう。地域や看護・介護の現場に癒やしや笑いを届けよう。認知症の行動・心理症状からの気付きをケアに生かそう。

ご挨拶

 まず、医療・福祉・在宅ケアに関する活動を推進していらっしゃる皆様や、行政、在宅ボランティアの皆様には、「with コロナ時代」とよばれる不安な社会情勢の中でも、日夜努力されていることに感謝申し上げます。

 来年は熊本地震から5年、東日本大震災から10年となる節目の年です。そして、ボランティア元年と呼ばれた阪神淡路大震災から26年目となります。

 日本ホスピス・在宅ケア研究会は、熊本地震の際も、いち早く支援する仲間を募り駆けつけてくれました。自身もがんを患いながら、災害支援活動をやめようとしなかった亡き黒田裕子氏の熱い思いを引き継ぎ、多くの専門職が、熊本の地で災害支援に励んでくれたのです。その支援を受けた熊本の仲間として、今回、その感謝の気持ちも伝えるためにも、2021年日本ホスピス・在宅ケア研究会全国大会は熊本で開催します。
 熊本からのご恩返しは、日本ホスピス・在宅ケア研究会の目的でもある実りある生を創造するために、がん・難病・認知症や在宅ケアなど今日的な保健、医療、福祉の諸問題について専門家と市民がともに考え、尊厳ある老・病・死のあり方を多方面・多様な立場から研究し、その成果を実践するとともに、在宅医や患者会に関する情報提供、全国及び地域での保健、医療、福祉の増進を図ることを熱く語り合える場を作ることだったのです。
 奇しくも今年は全世界で新型の感染症が蔓延し、多くの命が失われました。中にはそれをケアする医療職や関連職種の方々も含まれています。また熊本では、想像を絶する豪雨でwith コロナ時代の分散避難に合わせた支援についても考えさせられました。障害や病気を抱えた方々にとっても受難の日々が続き、マスコミ報道でも苦しみは連鎖していきました。今は、まだ深い悲しみを抱えた方も多いと思います。
 本大会は、2021年の秋に、その苦しみや悲しみとも向き合い、人として支え合い向上しあえる大会にしたいと考えます。多様なテーマで多様な人たちと集い、語り合える大会にしたいと考えています。最近、色々なところで耳にする「まぜこぜ」の中から、多様で柔軟な社会づくりのために、新しいパワーを得たり、仲間たちの発見につながることを期待しています。
 そのためにも、今回、是非、多くの多様な団体や企業様と連携させていただきたいと思います。どうかご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

 最後に、先を見通しづらい状況の中ではありますが、皆さまのご健康と、益々のご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

熊本大会長 高橋 恵子

熊本観光のご紹介

復興支援で、被災した地域にとまりませんか?

会場

grandmesse

開催日は、2021.10.16(土)〜17(日)、15日:教育講演となります。
会場は、益城町のグランメッセで、大小会議室・展示・コンサートなど多様に対応できます。
熊本地震の際は避難所になった場所でもあります。

・住所
〒861-2235 熊本県上益城郡益城町福富1010
・連絡先
096-286-8000
・アクセス
各交通期間からのアクセス

お問い合わせ

seseragi

大会事務局
〒861-3243熊本県上益城郡甲佐町白旗986
グループホームせせらぎ内 担当:高橋・相良
電話・ファックス:096−234−5511

大会用メール: